車両保険などの保険に加入|万一に備えたお助けレンジャー

  • 旅行前に加入する

    海外旅行保険は海外での病気や怪我の際の治療費を実費で賄ってくれますので、健康保険が適用されない海外では重要な役割を果たします。また、自宅を出てから自宅に帰るまでの補償ですので事前に加入することが得策です。

    Read More
  • いざという時に使える

    海外旅行保険は、いざというときの備えのためにも必ず加入するべき保険です。各海外旅行保険会社により異なりますが、インターネットによる割引サービスを行っている会社もあるので、それを利用する事によりお得に加入する事が出来ます。

    Read More
  • お得な契約

    自動車保険の保険料を抑える方法はいくつかあります。複数の保険会社から見積もりを取って比較するインターネットから契約するなどがあるので契約前にはチェックしましょう。また前提として優良自動車保険を契約することが重要です。

    Read More

車両保険について

車両保険とは

車両保険とは自動車事故において自分の車の損害に支払われる保険のことです。相手がいる事故の場合、相手に対しての損害は対人、対物保険を使ってカバーすることができます。しかし自分の車両の破損に対する保証はありません。そこで自分の車の修理代や買い替え費用のために車両保険が必要となるのです。 事故は相手がいない場合もあります。あて逃げや自損事故やいたずらなどです。車両保険に入っていないとこれらの損害は自分で費用を負担しなければなりません。 また相手がいる場合でも自分の過失割合が大きいと、相手が支払う金額では車の修理費に足りないことがあります。なぜなら自動車保険は相手の過失の割合に応じた額までしか保険金が支払われないシステムだからです。そのような事態に車両保険は有効となります。

保険料の節約方法

車両保険をかけると自動車保険の保険料が高くなるというデメリットがあります。また車両保険を使うことで次回の自動車保険の等級が下がります。等級が下がれば保険料は上がってしまいますので結果的に損をしてしまうこともあるようです。 このような事態を防ぐために免責金額の設定をすると良いでしょう。免責とは車両保険を使う場合にいくらかの自己負担を設けるものです。例えば免責金額を5万円とした場合、20万円の損害に対して保険会社からは15万円が支払われ、5万円は自己負担になります。5万円の損害までなら保険会社からの支払いはありません。 免責の良いところは安価な修理費に保険を使わずに済むことです。実費で払える程度の免責を設定することで保険を使い等級を下げることがなくなります。すると次回の更新時に保険料が上がらずに済むのです。さらに免責を設定すると設定しない場合よりも保険料を安くすることができます。 実費の負担と必要な保障のバランスを見て車両保険をかけるのがよいでしょう。